岩手名物語り:「わんこそば」〜南部の誇るもてなし文化〜

どうも僕です⛰( ˙-˙ )🖋

岩手県盛岡市が、なんでも「2023年に世界の行くべき旅行先」の第2位に選ばれたとのことで、もう大変に嬉し口思っておる今日この頃

改めて、盛岡の名物をブログで発信しようではないか…ということで🥢

さて…🎶(´・∀・`)🥢

【はいジャンジャン🎶はいドンドン🎵】​​​
上記のようなお給仕さんたちの掛け声とともに、ドンドン手元のお椀に開けられる

お蕎麦 お蕎麦 お蕎麦🎶(`・∀・´)✨

岩手県盛岡市の名物​「わんこそば」​でございます

​お蕎麦はあらかじめお出汁に潜らせてあり

そして一口ですすれるくらいに量を小分けしています

食べる側は、手に一つわんこ(平椀)を持ち、そしてお給仕さんたちが食べ手が啜るそばから、ドンドンお蕎麦をお椀に追加します

だいたいわんこが15杯で、かけそば1杯分に相当します( ・∇・)​

福井クラフト 椀 5-174-13 平泉わんこそば(お子様椀黒内朱 黒 (ブラック) Φ10.4x5.3cm ABS 5-174-13

それを食べる側はお腹がいっぱいになるまで、ドンドン食べるわけですね✨

わんこそばの起源としまして

元々岩手県は北東北(かつて日本のチベットと言われていた時期もあります)の、とても冷涼な気候の土地で、あまり農作物も豊かとは言えませんでした。

​そしてその中で一番のご馳走であるお蕎麦を、お客様に心ゆくまで食べてもらおう…そういう心遣いから誕生したと言われています。

【どうしてわんこ(平椀)なのか】​​
わんこに拘るのは、その由来は諸説ありますが、代表的なものとしまして

南部藩の27代当主であるお殿様 南部利直公が、参勤交代で江戸に登る途中

花巻という地に立ち寄り、そこでそこで出されたお蕎麦を気に入り

わんこでお蕎麦を何倍もお変わりしたことがその起源となっているようです

また、そのほかにも

岩手県の北部では、お椀や重箱にお蕎麦を入れてお客様をもてなす文化があり、それも関係しているのかもしれません

【食べ方】
そんなに決まりきったマナーというものはありません(`・∀・´)

わんこを手に取り、投げ入れられるそばからドンドンすすっていく

それだけです🌸(・ω・)ノ

​薬味は、ごまや、大根おろしなめこ、マグロのお刺身など

箸休めや味変などをしながら、心ゆくまでお蕎麦を啜ってください✨​

お腹がいっぱいになって「もう食べられない」と思ったら、持っているわんこには、蓋がありますので
その蓋を閉めれば良いです

そうすれば、お給仕さんたちに「ごちそうさま」の意が伝わります

岩手県に来れば、わんこそばのお店は複数ありますし、どこが一番美味しいかは人それぞれなので

興味のある方はググってみてください✨(`・∀・´)​

そして岩手にお越しの際は

お腹いっぱいわんこそばをどうぞ☀️

それでは今回もこの辺で

押忍🥢( ˙-˙ )✊

 

※↓「岩手はとにかく「麺」が美味いですよ🎶(´・∀・`)🥢↓🎶

岩手県特産品 岩手三大麺 KOS

岩手県特産品 岩手三大麺 KOS

  • わが街とくさんネット
Amazon

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

岩手怪異語り:「三ツ石の羅刹」奴は一体何者ぞ

mogumogu88.hatenablog.com

どうも僕です🖋( ˙-˙ )🍥

ちょっと前に、岩手の名前の由来となった鬼伝説から

三ツ石神社の神と、鬼「羅刹」のお話を致しましたが、今回は少しそれを掘り下げて

鬼「羅刹」の方にフォーカスを当てて記事にしてみます

羅刹…

これはもうその通り、凶暴な妖怪としての本物の鬼であるという言い伝えや説はもちろん残っております

そしてもう1つの説として(夢のない話ではありますが(´・ω・))

かつて大和朝廷征夷大将軍

坂上田村麻呂

が北方蝦夷討伐の際にこの地に進軍してきた際に、蝦夷反乱軍の首領3人をとらえ、そして2度と大和朝廷に反抗せぬように…との証文がわりに、3つの巨大な花崗岩にそれぞれ手形をおさせた

という説もあります

後者の方が現実的なのでしょうけど…

僕はやはり、前者の本物の鬼の説の方が好きですね👹(´・∀・`)

また、盛岡という地名は別名

不来方(こずかた)」

とも呼ばれており

今現在は不来方高校という名前の高校もあり、また盛岡を題材とした短歌や俳句の句などにも使われております(学校の校歌にも使っているところもいくらかあります)

不来方「鬼が2度と来ない」という意味で、それはすなわち「恒久の平和」を意味しています

さて…この記事が書かれている2023年、現代の世界が果たして平和なのかはさておき

我々だけでも、せめて平和を意識したいものですね(´・∀・`)

最後まで読んでくださりありがとうございました

今回はこの辺で

押忍🖋( ˙-˙ )✊

 

 

 

 

 

岩手短角牛ローストビーフ 320g

岩手短角牛ローストビーフ 320g

  • わが街とくさんネット
Amazon

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

岩手県名所紹介:つなぎ温泉 湯守 ホテル大観

どうも僕です🖋( ˙-˙ )♨️

私事でありますが、温泉が好きでございまして

今回は僕の地元、岩手県の繋(つなぎ)というところにあります

つなぎ温泉郷

湯守 ホテル大観 さんを紹介したいと思います

温泉の湯そのものの歴史は950年以上とされています

(詳しくは 岩手 ホテル大観 でHP検索してみてください)

ここはツルッツルのお肌が喜びそうな優しく、そしてあつ〜いお湯でして

肩こり、神経痛、打身、捻挫、糖尿病、体力(HP)回復にとても強い効果があるそうです

あとは何よりも露天風呂の景観がすごいんですね

有名処の湖「御所湖」も、岩手県の名山「岩手山」も一望できるんですね

そして僕が何よりもここにきた時に楽しみにしているのが

「打たせ湯露天」

通常の露天風呂とはまた別に設置されたもので

源泉の湯を小さな滝のような感じでしょうか(詳しい言い方分かりません♨️)

にして、頭上から湯が降ってくるスタイルなんですね

これに頭頂部を打たせたり、肩や首筋など、凝って辛い箇所に打たせると、その場所がポカポカ温まってすごく回復します

20分…30分とそのまま浸っちゃいますね、気づいた時には全身が温まって体が軽くなります

また屋内浴場にはものすごく香りの良い大檜(おおひのき)風呂があり、これもまた名物

ただ注意しないと滑って怪我をするので、足元にくれぐれも注意してください

建物そのものの入り口のところには「飲める湯」があり、血流促進や糖尿病にも効果があるとのこと

お酒が大好きな僕はここにくると必ず紙コップ一杯は飲んで帰ります

そうすると「なんだか大丈夫そうな」気がするので(`・∀・´)✨(根拠なし)

全国のみなさん

岩手県盛岡市にお越しの際は是非、ここの温泉をお試しください✨

盛岡・つなぎ温泉

湯守 大観

盛岡市繋字湯の舘(つなぎ温泉)37−1

℡ 019-689-2121

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

岩手怪異語り:「オシラサマ」遠野物語の深淵

どうも僕です🖋( ˙-˙ )🍵

オシラサマ という神(?)について今回はお話ししたいと思います

オシラサマとは蚕の神…養蚕神と位置付けられている神様なのですが

拡大解釈すると、農業全体の神である農業神としても捉えることができる神様です

遠野では現在もこのオシラサマは祭られており、布で顔を隠したものと、隠さないものの二つのタイプの御神体があります、大きさは主に30センチ前後と言われています

実はこのオシラサマ、馬と人間の娘の異種間恋愛がその由来にあると言われています

(ガチです)

とある農家に娘あり その娘美しくありて 父親が飼いならせし農馬を愛せり

農馬もひどく娘をあいせり 娘の父親コレを怒りて 農馬の首をハネて殺せり

娘泣き叫ぶままに農馬の首に抱きつき たちまち農馬の首と娘空中に浮き

天に向かって登っていき 消え去るなり

娘の父母ともにひどく悲しむも まもなく娘の生まれ変わりの如き小さき白い虫を授かるものなり

それ すなわち蚕の神なり

それ以降、遠野の地では養蚕が始まったとのことです

オシラサマは、現地では家によって「オコナイサマ」「オクナイサマ」などと言い方はまちまちですが、全国的には「オシラサマ」で通るようですね

祭られてはいるものの…上記の言い伝えの内容も矛盾だらけで

🔹なんで人間と馬が愛し合うの成立したのか

🔹なんで馬の首と娘が天に登っていったのか

🔹なんでそのあと父母が授かったのが子宝ではなく、蚕なのか

非常に意味不明です

意味不明ですが、1762年に表されたと言われる

「遠野古事記

にはすでにそのオシラサマの内容が記録されており、歴史自体はかなり古い神であることが分かります

実に捉えどころのない…遠野物語の中でもある意味最も深淵な内容を持つ・・または

ヤバい神

なのかもしれません

最後まで読んでいただきありがとうございました

今回はこの辺で

押忍🖋( ˙-˙ )✊

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

空手(に限らず)四方山食語り:オニオンスライス

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

どうも僕です🖋( ˙-˙ )✊

いきなりなんですけど、玉葱というのは数ある野菜の中でも特に汎用性の高いものなのではないでしょうか

僕の敬愛する作家、椎名誠さんも、著書の中で

「一人暮らしの時に重宝すべきは、キャベツと玉葱だ」

と書いてらっしゃいます。

確かに、炒めてよし、煮てよし、焼いてよし、そしてスライスして生でもよし

何をどう転んでも、まぁ不味くはならないのが、玉葱です

カレー作る時なんか僕個人は微塵切りにしたやつを徹底的に炒めて、飴色を通り越して形なくなるくらいまで炒めてから水とかルーとか入れるの好きですね🍛

🧅(´・∀・`)

さて、本題なんですが

僕が愛する空手、極真空手創始者である大山倍達総裁の好物が

オニオンスライス

だったという話は、極真関係者の人々の中では大変に有名とのことです

僕自身は極真空手を始めたのが数年前なので、当然ながら大山総裁とあったことも話をしたこともないのですが、それでも各書籍やメディアの中でオニオンスライスにまつわるお話が出てくると、そのなんとも言えない「エピソードの味わいの深さ」にただただ感心するばかりです

🧅

いろんな文献やメディアと通した諸先輩のお話によりますと

大山総裁は朝食をしっかりと摂取される方だったようで

そこには高確率で大皿に盛られたオニオンスライスが食卓の上に乗せられたということ

大量のオニオンスライスの上に鰹節がまぶされたものに、醤油をかけて大山総裁は召し上がったそうですね

そして、合宿などの時には、大山総裁が自分が必要なぶんを召し上がった後には、側近のお弟子さんたちに残りのオニオンスライスが回されてくる・・そして残せない

これもまた修行ですね(⌒-⌒; )

オニオンスライスは血流も良くするので、健康にもとても良いのですが、大量にドッカン!と摂取することになっても…

「うん…オニオン…スライス…(;´д`)💦🧅」

というテンションになりますので、当時の先輩の皆様は大変だったと思います

北海道産 玉ねぎ L大もしくは2Lサイズ 10kg詰め 玉葱 タマネギ たまねぎ

さて、玉葱なんですが

昨今でYoutubeのモッパン動画(食べる様子をショーのように公開する動画)をみていると

韓国の人なんか、生の剥き身をそのままコチュジャンにつけてカリカリと食べていたりもします

これなんですけどやってみると結構いけます👍

コチュジャンの甘辛さと玉ねぎのツーンとした辛味が、いい感じにマッコリ(韓国のお酒)に合いますね

自分としては玉ねぎを輪切りにして焼いて、焼肉のたれなんかをつけて食べるのも好きです🧅

以上、今回は玉葱語りでした

押忍✊( ˙-˙ )🧅

 

 

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

岩手 蕎麦語り:dear 源義経(みなもとのよしつね)公 〜毛越寺に伝わる「そば供養」〜

どうも 僕です✊( ˙-˙ )♨️🖋

今回は岩手のお蕎麦文化と歴史の偉人がドッキングしたお話を紹介します

岩手県の平泉にひっそりと伝わる

源義経(みなもとのよしつね)公を忍ぶ、お蕎麦を用いた催事に

そば供養

というものがあります

2022年9月現在、鎌倉幕府を題材にした大河ドラマがやっております

鎌倉幕府設立の過程で、いなくてはならなかった重要人物が

源義経公です

壇ノ浦で平家を完全に滅した義経公はその後、兄である源頼朝(みなもとのよりとも)公に大人の事情で追われることになります

そして、幼少より預けられていた先の奥州平泉に逃れてきます

※詳しくはググってください( ・∇・)

そして、その頃、別件で奥州を訪れていた西行法師(詳しくはググってください( ・∇・))

とバッタリ👣

そしてその2人を三代将軍秀衡の三男、泉三郎がお蕎麦を用いてもてなしたことが由来とされ

その様子を再現する催事が

そば供養 です

開催される日時は

陰暦閏の4月末 毛越寺 

お客さんは円座の中で床の間を背負って座り

🔹そば茶

🔹そば菓子

🔹そばの刺身

🔹和物

🔹かけそば

🔹そば湯

といった順に料理が出て、終了します

源義経公は、平泉でお亡くなりになられたという説が一般的ですが

生き延びて青森経由で海を渡り、そして渤海(今でいうモンゴル方面)に渡った…という伝説もあります

現に青森では、義経公が逃げる過程で、兜を熱して馬肉を焼いて食べたというお話をもとに

義経鍋」という馬肉のすき焼き風の鍋料理があるくらいですので、あながち全くの嘘ということでもないと思いますし、何より夢があります

しかし、この平泉にひっそりと伝わる「そば供養」も、現地の人々がずっと源義経公を大切に思っていたということを垣間見ることができる、とても素晴らしい催事文化だと思います

押忍✊(`・∀・´)✨♨️

※  ※  ※

(↓岩手のお蕎麦とか、関連書籍とか↓🌸(´・∀・`)✌️)

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

岩手妖怪語り:「サムトの婆さま(バサマ)」〜異界に取り込まれた悲しき女怪〜

こんにちは、僕です☃️( ˙-˙ )🍵

「やまんば」と言う妖怪は、漫画日本昔ばなし(かつて放映されていた有名なテレビアニメ)や、児童文学庫においてもたびたび登場する有名な妖怪ですね

 

年齢に関わらず、人間が自然の中の異界に取り込まれて怪異と事例は、日本全国のいろんないいつたての中に確認できます

特に「山」…古来より山は人間が自然の恵みを収穫する場所であり、神々が降臨する神聖な場所でありました

神々の鎮座する、またはその山そのものが神として認識されている山は

神奈備(かむなび)」

と呼ばれて、人々の信仰の対象となってきました

さて、遠野物語には

「サムトの婆さま」

と言う名の老女の姿の怪異が語られています

⛰【 概 要 】

松崎村の寒戸と言う地に住むとある農家の家の娘が、ある人突然行方がわからなくなった

人々がいくら手を尽くして探しても見つからず…

やがてそれから30年後に、奇怪な姿の老婆となって村に帰ってきた

老婆は村に一泊だけして山に帰って行き、それから毎年決まった時期に村にやってくるようになった

彼女が訪れた時は必ず暴風雨が吹き荒れ、村人は彼女に恐れをなした

村人たちは霊験あらたかな巫女や山伏の力を借りて、村の境に石塔をたて、結界をはった

それ以降、老女はその村に来ることはなかった

以上がこの怪異の概要となります

遠野物語では「サムトの婆さま」と呼ばれておりますが、現地では「モンスケ婆」と呼ばれており、古くでは聞き分けのない小さな子供に対し

「こりゃ!(こら) モンスケ婆くるぞ!」

と言って叱りつけたそうです

新装版 遠野物語

水中の異界に取り込まれた女性のことを「水縁女」

山中の異界に取り込まれた女性のことを「山縁女」

と類別するそうですが、このサムトの婆様は山縁女に該当する怪異です

来訪と同時に発生する暴風雨は、きっと自然の、それも異界としての自然の大きな力が、彼女に「余波」となって身に纏われていたものの作用かもしれません

この一人ぼっちの怪異なんですが…

僕個人はなんだかとっても気の毒に感じてしまいます…(・Д・)💦

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

今回はこの辺で

🖋押忍👻( ˙-˙ )♨️

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村